企業理念


合成化学社会で生じた負の遺産から立ち直る”超野生力” 
野生植物マグマが生態系を蘇生する


 私は化学物質の人体に及ぼす有害作用の実態をあばく毒物屋稼業に30年近く携わってまいりました。

 毒物屋とはいいかえれば「病気作り屋」とでも言いましょうか、動物に化学物質を与えることで顕署に病気が発症するか否かを研究する仕事で、取り分け発癌に取り組んでまいりました。通常、化学物質を大量に摂取させると、かなりの確率でさまざまな有害作用を生じます。生体にとって化学物質は異物ですから、体内に潜入してくれば、何らかの異常が生じるのは当然のことです。

 今、私たち現代人の身近で大きな問題となっているのは、食品や化粧品、そして、医薬品を摂ることによって、多種多様の化学物質が、ごく微量ではあるが長期間にわたって毎日、私たちの体内に侵入し、蓄積されていることです。確実に私たちの体は化学物質による漬物状態にあるのですが、食べてすぐに異変が出る程の量を摂っているのではないので、危険なものではないと思い込み、多くの人が安心し切って使っているのです。

 しかし、毒性試験は単一の物質についての試験しか行っていませんから、現代生活で私たちが毎日何十、何百という化学物質の複合摂取に反映した結果を求める試験は当然のことながら行っておりません。それにもかかわらず、国は化学物質個々に対しての許容量という安全ラインを決めて制度化しています。この制度は言い換えれば、どんなに有害作用のあるものでも国が定めた許容量以下なら使用できるということになるのです。いわば、有害物質の使用にお墨付きを与えているものなのです。

 中国で製造された輸入食品の中に鉛や水銀化合物メタミドホスやメラミンなどの有害な化学物質が混入する事件が頻繁におこっていますが、安易に食品に化学物質を添加しても良いという許可を出していることが、こうした危険いっぱいの化学物質社会へと傾斜した世の中にしていると考えられます。さらに、行政も企業も、そして、消費者さえも許容量以下、あるいはその近辺なら問題ないと考えてしまっていることが、繰り返し同じような事件を生じさせている原因と考えます。しかも、許容量を超える数値を示していても「この程度の濃度では影響がありません」などと、行政の担当者が注釈付きで矛盾だらけの説明を繰り返し、危機意識ゼロでひたすら安全性を強調し、事件の沈静化を図る発言ばかりが目立つ昨今です。しかし、冷静に考えてみてください。現代人に急増している癌や糖尿病、心臓病、脳血管系障害、アトピー性皮膚炎などは、明らかに私たちの体に侵入している無数の化学物質による複合汚染、そして、人工養殖化した食生活に負うところが多いと考えます。

 自分たちの身の回りに目を向けてみますと、地球の温暖化、オゾン層の破壊、異常気象、絶滅生物の急増加、環境ホルモン物質などによる生態系の異常などは、これまで地球上に存在しない無生物である化学物質を、人類が文明社会創造の立役者として重用し、あらゆる分野で活用した結果、その副作用が目に見える形で現れてきたものと言えましょう。

 地球が誕生したころの無生物時代から、生命が誕生し、それが増え続けた生物進化の時代を経て、ようやく生物に適応した生態系環境が育まれ、生物と無生物が融合した環境を構築してまいりました。ところが、人類の出現によって、この融合環境は瞬く間に化学物質という「化け物」によって蹂躙(じゅうりん)され、今日の人工合成化の状況を作ってしまいました。秩序立った製造方法で同じものを大量に作り出せる化学物質によって文明は飛躍的な発展を遂げ、人類は便利で快適な現代生活をエンジョイしてまいりました。ところが、とんでもない落とし穴が私たちを持っていました。秩序立った化学物質が自然界や私たち人間を含む生態系に対して、無秩序に反応しだしたのです。オゾン層の破壊とか、CO2 濃度の上昇や、ハリケーン、大型タイフーンの頻発、永久凍土地域の氷解、生殖能力の低下、奇形、性の転換した動物の出現、発癌の増加、絶滅生物の増加など、まさにこれまでの自然界にはない無秩序な予想のつかない状態の出現は、あろうことか秩序立って作られた化学物質の仕業だったのです。

 一方、自然界や生態系には一つとして同じのもがないほど無秩序な状態といえるでしょう。しかし、グローバルな目線で自然界の営みをみてください。必ず朝が訪れ、昼があり、夜になり、また朝が来ます。太陽が現れ、そして、月も出ます。季節も変わっていきます。春が訪れると植物が芽吹き、若葉が出ます。動物もいっせいに活動を始めます。梅雨があって、暑い夏の訪れと共に蝉が現れます。秋には生物は冬支度を始め、植物は紅葉します。冬には落葉樹は葉を落とし、寒い冬を静かに迎えます。この現象は毎年繰り返されます。植物は自分の種子を大地に落とし、子孫を作ります。動物も交配し子孫を残します。この現象は生物の誕生以来何十億年という長い年月繰り繰り返され続けて来ました。これは、秩序立って起こっている現象です。つまり、自然や生態系は一見同じものがなく無秩序なのですが、行動はまることに秩序立って繰り返されています。ところが、この秩序立った自然が化学物質の出現によって無秩序に暴走し始めているのです。今、これをくい止めなければ地球全体が甚大な打撃を受けることは明白なことでしょう。

 私は、この化学物質の暴走に立ち向かうための武器として野生植物選択し、超還元力を有する植物マグマを開発致しました。なぜ、野生植物なのかと言いますと、現代生活で今、最も欠乏しているものは野生です。自然界の生きものを私たち現代人は本当に摂取しなくなり、ひたすら人工養殖化されたものばかりに囲まれた生活をしています。秩序立った化学物質が一見、使い易く便利であることから、後先考えずに使い始め、とても歯止めが利かない程普及してしまったのが現状です。でも、私たちは生きものです。生きものには生きものが必要です。

 それ故、私は野生植物を無毒化した安全なものの提供をまず考えました。その方法は加熱です。これによって有機毒性は完全に消失します。しかし、熱を加えるという行為は酸化ですから、その酸化を除去することが必要となり、熔融マグマ化しました。その結果、安全な減酸素状態の還元物質植物マグマが誕生しました。この「超野生力」の植物マグマを現代生活全般に上手に活用することで、有害作用をもたらしている化学物質に頼らない生命活動を送ることができると考えております。

 この植物マグマをさまざまな分野でご利用いただければと考え、大自然株式会社を創設いたしました。


商品紹介


 

マグマンE

マグマンEは、野草・海藻・樹、葉などの野生植物を特殊熱処理した、 「植物ミネラルマグマ(植物灰化物抽出末)」を主原料とし、 植物発酵エキスを配合した健康食品で、粒状の成型加工は圧縮によって 固めており、化学薬品などの凝固剤は一切使用していません。 また、植物発酵エキスは、100種類の植物を3年熟成させたものです。

内容量:100g(約330粒)・50g(約165粒)


原材料:植物灰化物抽出末(ヒバマタ・ホンダワラ・コンブ・ワカメ・アラメ・ ヒノキ・スギ・マツ・タケ・クマザサ・カヤ・ヨモギ・ イタドリ若芽)・植物発酵エキス・モロヘイヤ・アセロラ・ウチワサボテン・キダチアロエ

[注意事項]食品アレルギーの方や通院中、または、お薬を服用中の方、妊娠中の方、その他で体調や体質に合わないと感じられた方は、ご使用を中止してください。
 

ハイパワーマグマン

ハイパワーマグマンは、野草・海藻・樹、葉などの野生植物を特殊 熱処理した、「植物ミネラルマグマ(植物灰化物抽出末)」から水溶性ミネラルを抽出し、15%の濃縮液にしたものです。

内容量:110g・50g

原材料:植物灰化物抽出末(ヒバマタ・ホンダワラ・コンブ・ワカメ・アラメ・ヒノキ・スギ・マツ・タケ・クマ ザサ・カヤ・ヨモギ・イタドリ若芽)

[注意事項]食品アレルギーの方や通院中、または、お薬を服用中の方、妊娠中の方、その他で体調や体質に合わないと感じられた方は、ご使用を中止してください。
 

食品用BIE5%水溶液

食品⽤BIE5%水溶液は、野草・海藻・樹、葉などの野生植物を特殊熱処理した、「植物ミネラルマグマ(植物灰化物抽出末)」から水溶性ミネラルを抽出し、5%の濃縮液にしたものです。食品に使用するときは希釈せずそのまま使用することができ手間いらずです。

内容量:100g

原材料:植物灰化物抽出末(ヒバマタ・ホンダワラ・コンブ・ワカメ・アラメ・ヒノキ・スギ・マツ・タケ・クマザサ・カヤ・ヨモギ・イタドリ若芽)

[注意事項]食品アレルギーの方や通院中、または、お薬を服用中の方、妊娠中の方、その他で体調や体質に合わないと感じられた方は、ご使用を中止してください。
 

ハイパワーマグマン(特注品)

ハイパワーマグマン(特注品)は、野草・海藻・樹⽊葉などの野⽣植物を 特殊高熱処理した、「植物ミネラルマグマ(植物灰化物抽出末)」から水溶性ミネラルを抽出し、濃縮液にしたものです。濃度にすることで、より強⼒な還元⼒が付与されています。

内容量:110g・ 50g

原材料:植物灰化物抽出末(ヒバマタ・ホンダワラ・コンブ・ワカメ・アラメ・ヒノキ・スギ・マツ・タケ・クマザサ・カヤ・ヨモギ・イタドリ若芽)

[注意事項]食品アレルギーの方や通院中、または、お薬を服用中の方、妊娠中の方、その他で体調や体質に合わないと感じられた方は、ご使用を中止してください。
 

BIE原末

BIE原末は、野草・海藻・樹、葉などの野⽣植物を特殊熱処理した、「植物ミネラルマグマ(植物灰化物抽出末)」を原料とし、それを微粉末状にしたものです。

原材料:植物灰化物抽出末(ヒバマタ・ホンダワラ・コンブ・ワカメ・アラメ・ヒノキ・スギ・マツ・タケ・クマザサ・カヤ・ヨモギ・イタドリ若芽)

[注意事項]食品アレルギーの方や通院中、または、お薬を服用中の方、妊娠中の方、その他で体調や体質に合わないと感じられた方は、ご使用を中止してください。
 

BIE ヘアーガード

私たちの大切な頭皮、毛髪の健康を目指した 安全な『ヘアーガード』を化粧品として開発いたしました。
内容量:80ml

[注意事項]食品アレルギーの方や通院中、または、お薬を服用中の方、妊娠中の方、その他で体調や体質に合わないと感じられた方は、ご使用を中止してください。

会社概要


会社名

大自然株式会社

代表者

中山栄基

所在地

神奈川県横浜市緑区新治町684 ハイベータキャッパC201

電話番号(FAX)

045-935-6024

設立

平成22年7月

商標

植物マグマ

事業内容

(1)食品、飲料水、健康食品の研究、開発、製造、販売、
(2)上記製品の輸出及び輸入、植物マグマの研究、開発、
(3)化粧品の研究、開発、販売、 肥料、培養士の研究、開発、製造販売、
(4)前各号に関する一切の業務


沿革


2010年(平成22年)

・アメリカ、カリフォルニア大学(UCLA)の菅原正博教授がバセドー病の治療に植物マグマを用いた研究を開始。
・ベトナム・カマウでエビの養殖に植物マグマを与えた結果、体重が1.5倍、生存率が80%という驚異的な成果を得る。
・韓国、化粧品企業SHmed、Co、Ltdと植物マグマ化粧品の製造、販売の契約を結ぶ。
SHmed社が植物マグマを化粧品の原料としての申請をアメリカ化粧品工業会(INCI.International Nomenclature Committee Information)に行い認可を得る
・鳥取でハウス栽培に植物マグマを使用し、マンゴー、バナナ、パイナップル、スイカ、トマトなどの無農薬、無化学肥料栽培に成功。

2011年(平成23年)

・UCLAの菅原正博教授が実験的研究でバセドー病に植物マグマが有効であるとの結果を論文にまとめ、中山栄基は世界特許の申請を実施。
・長野県下伊那郡松川町のりんご農園で植物マグマを用いた無農薬、無化学肥料栽培を実践し、1年目(平成23年)でこれまでの収穫の70%、2年目には100%の収穫が得られた。沖縄県では無農薬で植物マグマを用いたマンゴー、アテモヤ栽培、韓国斉州島ではみかん栽培を行なっている。
・韓国珍道郡の議会において中山栄基が植物マグマの概要を説明し珍道郡の廃校地で植物マグマを用いた産業の育成を依頼される。

2012年(平成24年)

・岐阜大学医学部細胞情報教室に植物マグマの放射線照射による生体内での抗酸化効果テストを依託し、植物マグマが放射線を照射した実験動物に対して高い抗酸化効果を確認。
・鳥取大学農学部獣医学教室に水溶性植物マグマのビーグル犬を用いた血管内投与による安全性試験を依託し、水溶性植物マグマの1ヶ月にわたる血管内投与で安全性が確認された。
・化粧品会社の赤田物産株式会社、多満喜美容研究所に依託し、植物マグマを用いて合成の防腐剤・乳化剤・顔料・香料・アルコールなどを入れない化粧品作りを目指し、頭皮頭髪用のBIEヘアーガード、肌の保湿用のBIEゲルクリームを開発した。


2013年(平成25年)

・鳥取大学農学部獣医学教室に植物マグマのマウスを用いた1ヶ月間の経口投与による安全性試験を依託し、植物マグマの安全性が確認された。
・韓国、チエ氏に依託し、家庭用業務用の水道直結型の植物マグマ水製造装置BIESCOを開発、製造に成功し、商品化した。
・鳥取で植物マグマを用いたりんごの無農薬、無化学肥料栽培を実践する。前年に全く実のならなかった4つの木も収穫を得るほどの結果を得た。
・中山栄基が風雲舎より自分の人生をまとめた著書「癌告知、生き方をガラッと変えて僕は生還した」を刊行。


お問合せフォーム